マンションの挨拶回り

マンションの共用部分

マンション修繕の際は挨拶回りを

マンションは、戸建と異なりエントランスや廊下などの共用部分、外壁や構造壁・柱などの躯体部分を他の住人と共用しているため、リフォームの時は二つの気遣いが必要です。一つは、音や振動などの物理的な影響への配慮と、もう一つは工事期間中に施工業者が共用部分を出入りすることへの配慮です。せっかくリフォームで快適になっても、隣近所と気まずくなっては住み心地の良さも半減してしまいます。マンションで改装、改修などを行う場合、両隣と真下の階には必ず挨拶に伺い、共用部分を利用することについては管理組合の理事会に挨拶しておくと安心です。

リフォームによって印象が向上

賃貸マンションを借りてもらうためには、古くなったものをそのまま放置せず、内装や住宅設備をきちんとリフォームすることが大切になります。フローリングや壁紙、和室の畳などは、長い間生活しているとかなり傷んでしまうので、綺麗に回収することで、内覧時の印象がかなり変わってきます。新築マンションなどに取り付けているような最新の住宅設備などもリフォームで設置すれば、かなりアピールするポイントとなり、賃借人から選んでもらえる物件に生まれ変わるでしょう。トレイにはウォシュレット機能が付いていると好印象間違いなしです。

↑PAGE TOP